長面浦番屋にて日仏交流

2014年秋に建設が完成した石巻市「長面浦海人の家」をジュリアン・ロプレートル会長を団長とするSPFメンバ一が訪れ、地元の人々と交流を深めました。

長面番屋3

長面番屋2

nagatsurabanya1

フランスの一行はこの地域に伝わる伝統太鼓や踊りで熱い歓迎を受け、春にオープンしたばかりの「はまなすカフェ」では漁師とお母さんたちから獲れたばかりの新鮮な魚介類を振舞われて大感激。

この番屋が地域内外の人々の交流の場所として、そしてもちろん漁師の仕事場所として大いに活用されているのは素晴らしいことです。

ロプレートル会長は「地域の再生と今後の発展を心から願っています。皆さんとの友情は今回の不幸な震災と津波がきっかけで生まれたわけですが、その大切な絆がこれからより一層深まることを希望します」と挨拶しました。

東北からフランスのカキ養殖の現場を訪れたり、フランスの漁師が東北を訪れたり、そんな交流が生まれれば楽しいですね。