今までの市民の絆フランスとの共同活動/Our cooperation with Secours Populaire Français thus far

2011年3月11日
東日本大震災のニュースがフランスに伝わると、「市民の絆フランス(以下SPF)」では緊急会議を招集、緊急アピールを全国に流して義援金集めの活動を開始した。SPF寄付会員から寄せられた義援金を基に、NPO法人「国境なき子どもたち」とパートナーシップを結び、生活必需品、学用品、現地でのボランティア活動に必要な小型車両など、緊急支援物資を被災地へ寄贈した。

11th March 2011

As soon as receiving the news of Tohoku Region Pacific Coast Earthquake, Secours Populaire Français (SPF) called for an urgent meeting, sending the emergency appeal throughout the country to start collecting relief donation. Based on the donation from SPF members, SPF made a partnership with NPO “Children Without Borders” to donate relief goods urgently such as daily necessities, school supplies and small cars for the volunteer activity at the area.

5月
フランスからボランティア会員のセバスチャン・バリオを派遣され、日本のカメラマン、記者を伴い、岩手県、宮城県の被災地を訪れ、現地視察、情報と記録の収集を行った。

May 2011

A volunteer member was sent from France and together we visited the stricken areas in Iwate and Miyagi prefectures. A photographer and a journalist from Japan joined us to observe the sites, to collect information and to document the situation.

5月11日
本部岩手県大船渡市のリアス会館にて小学生用スクールバスの寄贈式が行われた。

11th May 2011

A ceremony was held to present a school bus for a elementary school at Rias Hall in Ofunato city, Iwate prefecture.



5月13日
岩手県陸前高田市立米崎小学校を訪問し、フランスの子供たちから届いた励ましメッセージが描かれた絵を、児童会生徒に手渡した。

13th May 2011

We’ve visited Yonesaki Municipal Elementary School in Rikuzen Takata city, Iwate prefecture. We gave the message board from Children in France to encourage the students.

7月下旬
SPF代表団4名が来日し、岩手県と宮城県の被災地を視察。さまざまなNPOや財団、その他さまざまな団体との会合を持ち、現在必要とされる具体的な支援内容を調査。
その結果、震災直後に宮城県石巻市に開業した在宅医療機関「祐ホームクリニック」への支援、及び隣接する集会所の建設を支援することが決定した。

Late July, 2011

Four representatives of SPF visited Japan to observe the stricken areas in Iwate and Miyagi prefectures. They had a several meetings with various NPOs, foundations and organizations to learn what kind of specific support they need. As a result, a decision was made to support “You Home Clinic” a home medical care institution which was opened immediately after the earthquake, in Ishinomaki city, Miyagi prefecture. Also decided was to support building an assembly hall near the clinic.

8月13日~28日
毎年、夏に北フランスで開催されるSPF主宰の「世界の仲間」プログラム(*1)に、福島県相馬市の中学生4名を招待した。

13th to 28th August 2011

We’ve invited four middle school students from Soma city, Fukushima prefecture to participate in “Copain du Monde” program, an annual summer camp organized by SPF in Northern France.

9月28日
石巻市の集会所の開所式。式に出席するためジュリアン・ロプレートル市民の絆フランス会長をはじめ、代表団6名が来日。現在、集会所はさまざまな会合、子供たちのためのイベント、専門家による精神的ケアの場として、活用されている。

28th September 2011

Opening ceremony of an assembly hall in Ishinomaki city. Six representatives of SPF came to Japan to join the ceremony, including the chairman Julien Lauprêtre. The hall is utilized for various meetings, events for children, as a place for mental health care.

石巻市の特別養護老人ホーム「アゼイリア」に車椅子を寄贈。ホームにて寄贈式を行う。

We’ve donated wheelchairs for Special nursing home for the elderly “AZALEA” in Ishinomaki city. We held the ceremony at the home.

2012年5月28日
NPO法人「パレスチナの子どものキャンペーン」とパートナーシップを結んで岩手県大槌町に建設した「子供センター」がオープン。開所式には、ジュリアン・ロプレートル会長をはじめ代表団4名が出席し、子供たちと触れ合った。

28th May 2012

The Child Center we helped building together with a NPO “Campaign for the Children of Palestine” was opened in Otsuchi city, Kamihei county, Iwate prefecture. Four representatives of SPF including the chairman Julien Lauprêtre participated in the opening ceremony and communicated with the children.

5月29日
宮城県南三陸町立戸倉中学校、戸倉小学校にパソコン50台を寄贈。
代表団はそれぞれの学校を訪れ、教室の模様を視察。またプレゼントとして用意してきた学用品を生徒たちに手渡した。

29th May 2012

We’ve donated 50 computers to Tokura Elementary School and Tokura Middle School in Minami Sanriku city in Motoyoshi county, Iwate Prefecture. Representatives of SPF visited each school and observed the classrooms. Also handed school supplies to the students.

 

8月15日~27日
毎年、夏に北フランスで開催されるSPF主宰の「世界の仲間」*1プログラムに、福島県楢葉町立中学校の生徒を含む5名を招待。今年20周年を迎えるにあたり、世界中の子供たち200人を2週間のキャンプに招待した。

15th to 27th August 2012

We’ve invited five children including the students of Naraha Municipal Middle School in Fukushima prefecture to “Copain du Monde”, an annual summer camp held in Northern France. For the 20th anniversary of the camp, 200 children from all over the world were invited for the 2-week-camp.

*1コパン・デュ・モンド(世界の仲間)プログラムとはキャンプ生活を通じて世界中の子供たちが触れ合い、いろいろな国の文化を知り、自分の国を紹介することを目的としている。

“Copain du Monde” program is for children from all over the world to commune with each other, learn other cultures and to introduce their own countries through camping.