コパン・デュ・モンド(世界の仲間)交流レポート

English follows.

市民の絆フランンスが毎年夏にフランス北部のグラブリンで行っているコパン・デュ・モンド(世界の仲間)プログラムが今年も開催され、150名の子供たちが世界各国から参加した。

「世界の仲間」は、キャンプ生活を通じて世界中の子供たちが触れ合い、いろいろな国の文化を知り、自分の国を紹介しながら、友情を育むプログラム。

日本からは福島県の楢葉町立中学校の生徒、4名が8月13日~22日の日程で参加した。ボランティアで近藤祐希君が付添人として渡仏し、音楽やソーラン節を披露して友だちの和を広げ、国際交流を楽しみながら盛り上げてくれた。

image-31

image-98

image-7

image-53

image-151

image-103

 

Copain du Monde 2013 international cultural exchange reportage

The annual summer camp “Copain du Monde”, organized by Secours populaire Français, was held as usual in Gravelines, the northern France. 150 children from all over the world had participated.

“Copain du Monde” is a program for children from different countries to commune with each other, learn other cultures, introduce your own and be friends with each other through camping.

From Japan, four students of Naraha Municipal Middle School in Fukushima prefecture participated from 13th until 22nd August. A volunteer staff Mr. Yuki Kondo attended them. They’ve performed Japanese traditional dance and music to introduce our culture and have livened up the international cultural exchanges.


Categories: 世界の仲間